2012年12月15日

法隆寺 見どころの口コミ

手作り法隆寺五重塔模型 - 読売新聞

読売新聞

手作り法隆寺五重塔模型
読売新聞
法隆寺(奈良県斑鳩町)の国宝・五重塔の約20分の1の木製模型を、京都府城陽市寺田の植田幸雄さん(67)が完成させた。自分で設計図を書き、屋根の曲線や高欄の模様、塔頂の水煙などの細部にこだわって組み上げた労作だ。 植田さんは木工芸が趣味で、4年前、幼いとき ...

and more »


奈良観光の周り方についてです。
9月に2泊3日で京都・奈良へと行きます。 その中で,法隆寺・薬師寺。平等院鳳凰堂へと行きたいのですが,これらを1日で回ることは可能でしょうか。今考えているのは朝一で出発して8:30...

☆奈良観光について教えて下さい☆
彼氏が誕生日を控えており、兼ねてから行ってみたいと言っていた奈良旅行を計画して、プレゼントしたいと思っています。 歴史が大好きな彼氏と違って、歴史にそんなに詳しくない私は奈

奈良観光 車かJRか?
今週末、思い立って奈良に観光に行くことにしました。 ぜひ行きたいのは、飛鳥寺と奈良公園周辺です。 車で行くのと、JRで行くのではどちらが動きやすいでしょうか? 奈良は修学旅行以来.




ニュース情報と口コミ評価




posted by itagakimari at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

天平文化 美術作品の安心評価なら

大陡山村:旅游结合乡村文明打造泰山生 - 淄博时空

淄博时空

大陡山村:旅游结合乡村文明打造泰山生
淄博时空
采访团成员在大陡山村采访文化长廊。记者张帆摄. 大众网泰安9月10日讯(记者张帆)位于泰山脚下的泰安市岱岳区天平街道大陡山村是一个风景秀丽,有山有水的好地方,生态公益林面积达到1800亩。今天,聚焦“乡村文明行动 ...
收入过百万游船开进村泰山脚下建起生态民俗村胶东在线
泰山脚下第一村:生态加文明村民都叫好今视网

all 5 news articles »


現代日本における古代ギリシア・ローマ美術の影響の事例について
「現代日本における古代ギリシア・ローマ美術の影響の事例について」レポート書けと言われているのですが、「現代日本」という縛りでなかなか見つけられません(泣) 対象は日本で実...


Q:冬休みの宿題の問題なんですけど教えてください!問1 3世紀後半から6世紀の有力者の墓の様子である。次の問に答えなさい。(1)この時代に,近畿地方を中心にしてあらわれた巨大な権力をもった政権を何と呼びますか?(2)このころに中国や朝鮮から日本に移り住んだ人々を何と呼びますか。問2 下の文化の特徴のついて、文章の( )に<A>から適当な語句を選び,記号でこたえなさい。飛鳥文化飛鳥時代には,(@ )が盛んになり,大阪に四天王寺,奈良に(A )や飛鳥寺などの大きな寺院が作られた。寺院や仏像・工芸品には(B )によってつくられたものが多い。天平文化東大寺の(C )の品物など,(D )を通して伝わった西アジアやインドの文化の影響がみられるものもある。こうした国際的影響を受けたはなやかな文化は,(E )天皇の時代の元号をとって、天平文化といわれる。<A群>ア キリスト教 イ 儒教 ウ 仏教 エ イスラム教 オ 正倉院 カ 法隆寺 キ 推古 ク 平等院 ケ 聖徳コ 聖武 サ シルクロード シ 遣唐使 ス 渡来人
A:1)この時代に,近畿地方を中心にしてあらわれた巨大な権力をもった政権を何と呼びますか?Aヤマト王権(2)このころに中国や朝鮮から日本に移り住んだ人々を何と呼びますか。A渡来人飛鳥文化飛鳥時代には,(ウ 仏教)が盛んになり,大阪に四天王寺,奈良に( カ 法隆寺)や飛鳥寺などの大きな寺院が作られた。寺院や仏像・工芸品には(ス 渡来人)によってつくられたものが多い。天平文化東大寺の(オ 正倉院)の品物など,(サ シルクロード )を通して伝わった西アジアやインドの文化の影響がみられるものもある。こうした国際的影響を受けたはなやかな文化は,(コ 聖武)天皇の時代の元号をとって、天平文化といわれる。


恋と女と男と私




posted by itagakimari at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

古墳の種類の安全情報

飛塚古墳:古墳時代中期の家形埴輪が出土−−菰野 /三重 - 毎日新聞

飛塚古墳:古墳時代中期の家形埴輪が出土−−菰野 /三重
毎日新聞
しかし、今回の調査で出土した、豪族の住まいをかたどった家形埴輪など4種類の埴輪の破片約1000個などから、造られたのはより古い古墳時代中期だったことが分かったという。また、古墳の規模は直径28メートルの円墳だったことも分かった。 発掘調査は、国道477号整備 ...

and more »


古墳の建築にかかるお金
質問なのですが、実際に古墳を建てるとなると現代ではいくらほどかかるのでしょうか。 土地はあるものとして、"面積は10000m2"ほどで考えています。(小学校のグラウン...


Q:考古学入門、初心者向けのおすすめの本を教えてください。史跡、遺跡に興味がとてもあります。博物館や遺跡公園に足を運んでるうちに、ただただ展示品を見るだけでなく、もう少し深く知りたいと思ってきました。興味のある範囲は「縄文、弥生、古墳、(旧石器、新石器)」です。日本史受験していたくらいの知識しか持ち合わせておらず、先日の最古の埴輪が発見された等の新聞、ニュースレベルの知識しかありません。ネットでいろいろ調べるも、あまりの膨大な範囲でどこから手をつけてよいかわかりませんでした。本も大学の授業で使っている本が一番なのかもしれませんが、学術的すぎているので、まずは「大人の趣味」という範疇で書かれている書籍から入れればと思っています。また博物館や遺跡跡を見学する際に、ただ見るのでなく、何かコツというか楽しみ方がわかればと思っています。例えば、「この出土品は○○地方に多いから、そことの関連性が見受けられる」や「土器、埴輪、古墳の種類と特徴」などなど来月、博物館の公開講座にも参加する予定です。よろしくお願いします。
A:まずは、考古学の最新情報の本を読んでみたら如何でしょうか。文化庁刊「発掘された日本列島2010 新発見考古速報」を読むと、自分は何を知らないのかが解り、調べる意欲が湧きます。 定価1,700円。オールカラーなので、眺めるだけでもおもしろいかと。セミナーを聴講するときの予習になります。


お得な情報の紹介サイト




posted by itagakimari at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。