2012年08月23日

古墳の種類の安全情報

飛塚古墳:古墳時代中期の家形埴輪が出土−−菰野 /三重 - 毎日新聞

飛塚古墳:古墳時代中期の家形埴輪が出土−−菰野 /三重
毎日新聞
しかし、今回の調査で出土した、豪族の住まいをかたどった家形埴輪など4種類の埴輪の破片約1000個などから、造られたのはより古い古墳時代中期だったことが分かったという。また、古墳の規模は直径28メートルの円墳だったことも分かった。 発掘調査は、国道477号整備 ...

and more »


古墳の建築にかかるお金
質問なのですが、実際に古墳を建てるとなると現代ではいくらほどかかるのでしょうか。 土地はあるものとして、"面積は10000m2"ほどで考えています。(小学校のグラウン...


Q:考古学入門、初心者向けのおすすめの本を教えてください。史跡、遺跡に興味がとてもあります。博物館や遺跡公園に足を運んでるうちに、ただただ展示品を見るだけでなく、もう少し深く知りたいと思ってきました。興味のある範囲は「縄文、弥生、古墳、(旧石器、新石器)」です。日本史受験していたくらいの知識しか持ち合わせておらず、先日の最古の埴輪が発見された等の新聞、ニュースレベルの知識しかありません。ネットでいろいろ調べるも、あまりの膨大な範囲でどこから手をつけてよいかわかりませんでした。本も大学の授業で使っている本が一番なのかもしれませんが、学術的すぎているので、まずは「大人の趣味」という範疇で書かれている書籍から入れればと思っています。また博物館や遺跡跡を見学する際に、ただ見るのでなく、何かコツというか楽しみ方がわかればと思っています。例えば、「この出土品は○○地方に多いから、そことの関連性が見受けられる」や「土器、埴輪、古墳の種類と特徴」などなど来月、博物館の公開講座にも参加する予定です。よろしくお願いします。
A:まずは、考古学の最新情報の本を読んでみたら如何でしょうか。文化庁刊「発掘された日本列島2010 新発見考古速報」を読むと、自分は何を知らないのかが解り、調べる意欲が湧きます。 定価1,700円。オールカラーなので、眺めるだけでもおもしろいかと。セミナーを聴講するときの予習になります。


お得な情報の紹介サイト




posted by itagakimari at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。